すまいの創エネ・省エネ応援制度

  1. TOP
  2. すまいの創エネ・省エネ応援制度
  3. すまいの創エネ・省エネ応援制度とは

すまいの創エネ・省エネ応援制度とは

安心でエコなすまいづくりをはじめてみませんか!

京都市では,低炭素型のくらしやまちづくりの実現を目指して,温室効果ガスの発生が少なく,枯渇の恐れがない,太陽エネルギーなどの再生可能エネルギーの普及拡大(創エネ)や,徹底した省エネルギーの推進を,地球温暖化対策の重点施策と位置付けています。

この制度は,京都市内の戸建住宅や共同住宅などに,太陽光発電システム,太陽熱利用システム,蓄電システム,家庭用燃料電池システム及びHEMS(ヘムス:家庭用エネルギーマネジメントシステム)を設置される方へ,その設置費用の一部を助成して,すまいにおける創エネや省エネの導入を応援する制度です。

太陽光発電システムと太陽熱利用システムの同時設置や,京都市既存住宅省エネリフォーム支援事業又は京都市木造住宅耐震改修助成事業などとの併用で助成金が増額になります!

また,平成28年度は新たに共同住宅や集会場への支援を拡充し,太陽光発電システムと蓄電システムの同時設置でも助成金が増額になります!(⇒くわしくはこちら

太陽光発電システムと蓄電システムを組み合わせると,災害などによる停電時でも,必要な電力を確保できます。

安心でエコなすまいづくりをはじめてみませんか!

助成対象者

京都市内の戸建住宅(兼用住宅を含む),共同住宅及び集会所に助成対象システムを設置し,以下の要件を満たす方が助成対象者となります。

  • ・戸建住宅に設置する個人
  • ・助成対象システム付住宅などを購入する個人
  • ・賃貸共同住宅に設置する個人
  • ・分譲共同住宅に設置する区分所有者(個人に限る)又は管理組合
  • ・集会所に設置する自治会など

助成対象設備・助成金額など

平成28年度助成内容一覧表

設置対象期間と申請期間

  • 設置対象期間
  • 平成28年3月1日(火曜日)から平成29年3月31日(金曜日)までに設置が完了するもの。
  • 申請期間
  • 平成28年4月11日(月曜日)から平成29年3月31日(金曜日)まで (必着)
    ただし,対象設備の設置完了日(太陽光発電システムの場合は電力受給開始日)の翌日から60 日以内又は平成29年3月31日(金曜日)のいずれか早い日までに申請が必要です。

※申請期間内であっても,予算の範囲を超える日をもって受付を終了しますので,申請は,お早目にお願いします!

申請方法

対象設備の設置完了後,申請期間内に,申請書を受付窓口に持参,又は郵送(書留など)にてお申し込みください。
申請書式や添付書類などについては,こちらをご参照ください。

なお,景観手続は,太陽光発電システムをはじめ屋外に設置する全ての設備が対象となりますので,必ず設備設置前に確認してください。
・京都市都市計画局 景観政策課 都市デザイン担当 電話:075-222-3474
・京都市都市計画局 風致保全課 電話:075-222-3475
(参考) 「太陽光パネルの景観規制の概要」
(参考) 「太陽光パネルの景観に関する運用基準」

受付窓口

京(みやこ)安心すまいセンター

電話:075‐744‐1631(耐震・エコ助成ホットライン)
場所:烏丸御池東南角アーバネックス御池ビル西館4階
アクセス:京都市営地下鉄烏丸線,東西線「烏丸御池」駅「3-1」出口又は「3-2」出口すぐ
開館時間:午前9時30分から午後5時まで(ただし,相談や申請の受付は,午後4時30分まで)
休館日:水曜日,祝日,年末年始
http://www.kyoto-jkosha.or.jp/sumai/

エコリフォーム融資制度

太陽光発電システム,太陽熱利用システム,蓄電システム,家庭用燃料電池システム及びHEMSの設備の設置や,省エネ性能を向上させるリフォーム工事など,既存住宅のエコリフォームをされる場合,一定の条件を満たす方については,低利率(融資利率0.5%,融資限度額350万円)の融資制度を利用できます(通年受付)。
お問い合わせは,京都市都市計画局住宅政策課(電話:075-222-3666)までお願いします。

その他にもすまいの支援制度あります!